最新記事

エンタメ

【可愛さアップ】伊勢丹、洗練されおしゃれ度が増す!伊勢丹の第1号店は○○区!

更新日:

isetan

ニュース概要

三越伊勢丹老舗で使用している箱形の包装紙を変更することを決定しました。

変更は1997年以来、約22年ぶりとのことです。

伊勢丹といえば緑色のおしゃれな紙バックが特徴的だよね。
obaka

nareko-surprise
そうなんです!その緑色の伝統的なショッピングバッグとも大変良くマッチするように作られているそうですよ。

新しいデザインについて

早速新しいデザインをご覧いただきたいと思います。

これは確かに・・・オシャレ!

緑色のショッピングバックとの相性も考えられている気がして、伊勢丹の愛情を感じるね。

obaka

とっても可愛いですよね。

デザインの名前をラディアンス(radiance)光が放射状に広がる「無限のひろがり」を表現したそうです。

黄色・赤・緑のシンプルで美しいレイアウト、各所に散りばめられたISETANの文字がチャームポイントだと思います。

デザインはパリにアトリエを構えるフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)というかたが担当しました。

そもそも伊勢丹とは?

nareko-normal
解説するまでもないほどの老舗有名ブランドですが、改めてその歴史について振り返ってみましょう。

創立したのは伊勢又から分家した小菅丹治氏という人が初代の会社創立者です。

呉服太物商「伊勢屋丹治呉服店」を開業し後に伊勢丹となる会社です。

第1号店は神田旅籠町に建てられました。

神田旅籠町というのは実は、今でいう千代田区だったんです!

関東大震災を経て呉服屋から百貨店形式に方向転換し新宿に本店を構えました。

それから立川店、吉祥寺店、松戸店と新しいデパートを全国に展開していくことになります。

nareko-surprise
なんと2019年現在までに130年以上の歴史があったなんて驚きですね。

そんなに長い歴史を経て今のISETANがあるだなんて知らなかったよ。

今日まで高い人気を誇っているのも含めて本当にすごいブランドなんだ・・・

obaka

まとめ

  1. 伊勢丹の包装紙がデザインチェンジ
  2. 新しいデザインについて
  3. 伊勢丹の歴史

についてまとめさせていただきました。

nareko-normal
デザインも一新して、また新鮮な気分でお買い物ができそうですね!

-エンタメ
-

Copyright© 速報!おバカトレンド , 2019 All Rights Reserved.