最新記事

ニュース

【大損失】GPIF 年金運用 14.8兆円、過去最大の赤字

更新日:

gpif

ニュース概要

nareko-sad
GPIF*は昨年10月~12月期の運用実績が14兆8千億円を超える赤字だったことを発表しました。

四半期ベースでは過去最大の損失を記録しました。

世界的な株安で株価が大幅に落ちたことが大きな要因となりました。

こつこつと利益を出してきたGPIFですが、14.8兆円の赤字はとても痛いニュースとなり、このことを受け高橋理事長は以下のようにコメントしました。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)・・・国民年金厚生年金の積立金を運用する行政法人

高橋理事長のコメント

CEO

世界経済と企業収益の先行きに対する懸念等から、投資家のリスク回避姿勢が高まり、国内外の株式市場が大幅に下落しました。一方で、安全資産とされた米国債や日本円へ資金を振り向ける動きが強まり、金利は米国を中心に低下し、為替は主要通貨に対して大幅な円高となりました。~中略~

当法人は長期的な観点から運用を行っており、投資原則・行動規範を遵守し、年金財政に必要な積立金を残すためにしっかりと受託者責任を果たしてまいります。

年金積立金とは

あまり聞き慣れない言葉も多く、理解しにくい部分も多いと思います。

年金積立金」というのは今そのお金で運用しているお金ではなく、将来の年金制度のために貯蓄しているものです。

将来世代の負担が増えてきても、過大にならないようにバランスを取る重要な役割を持っています。

nareko-normal

なので14兆8千億円の損失とはいえ、今すぐに経済破綻が起きるようなことにはなりません。

長期的な目で観察することが大切なのですね!

まとめ

  1. GPIF 年金運用で過去最大の14.8兆円の赤字
  2. 高橋理事長のコメント
  3. 年金積立金とは

についてまとめさせていただきました。

nareko-normal

今回のような損失は今までなかったので、世間は注目していると思います。

損失の分を、次の四半期以降プラスにしていけるのかが鍵となりそうですね!

-ニュース
-

Copyright© 速報!おバカトレンド , 2019 All Rights Reserved.